片麻痺ドライバーの上手なクルマ選び!

片麻痺ドライバーの上手なクルマ選び!

身体障害者の方が、自ら運転するには運転補助装置が必要で、
手動運転装置や左アクセルペダル装置などがあります。
運転補助装置を選ぶときは、まず運転免許の条件に適合しているか、
運転補助装置が障害の状態に適合しているか確認してください。

今回は、片麻痺ドライバーの上手なクルマ選びと、
間違いのない運転補助装置の選択例を書かせていただきます。
※一例としてお考えください。

右片麻痺ドライバーの場合

クルマの選択

一人でも安全に乗降できるクルマを選んでください。
左足で操作するアクセルペダルを増設する空間を確保するため、
駐車(パーキング)ブレーキは、上肢で操作するタイプがおススメです。

オートライト、雨滴感知式オートワイパー、オートエアコンなど、
運転をサポートしてくれる装備を選択することも大事です。
またエンジン始動は、キーを回さないプッシュボタン式が容易です。

運転補助装置の選択

左足でのアクセル操作を可能にする「左アクセル」は、
車体床に取付け専用アダプターから、本体を取り外しできる着脱式か、
切り替え操作が容易な、跳ね上げ式から選択してください。

着脱式の左アクセル

※着脱式の左アクセル

跳ね上げ式の左アクセル

※跳ね上げ式の左アクセル

ハンドルを片手で回すためのハンドル旋回グリップは、
ハンドルの真上に取り付ける、着脱式の球体モデルを選択ください。

左手でのウインカーレバー操作を可能にするためには、
元々設置されたウインカーレバーから左側に延長するレバーを取り付けます。

左片麻痺ドライバーの場合

クルマの選択

一人でも安全に乗降できるクルマを選んでください。
駐車(パーキング)ブレーキは、上肢で操作するタイプがおススメです。

オートライト、雨滴感知式オートワイパー、オートエアコンなど、
運転をサポートしてくれる装備を選択することも大事です。
またエンジン始動は、キーを回さないプッシュボタン式が容易です。

運転補助装置の選択

ハンドルを片手で回すためのハンドル旋回グリップは、
ハンドルの真上に取り付ける、着脱式の球体モデルを選択ください。

右手ででのワイパーレバー操作を可能にするためには、
元々設置されたワイパーレバーから右側に延長するレバーを取り付けます。

 

もし、あなたが運転補助装置(左アクセル)でお悩みなら、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

>左アクセルの詳しくはコチラ

>無料相談・お問い合わせはコチラ

 

【対応エリア】兵庫県・大阪府・京都府

 

もっと自由にクルマを選ぼう!
私たちは「乗る人・乗りたい人、乗せる人」に合わせ、
ジャストフィットな”マイ福祉車両”をつくります。

福祉車両改造の専門店
株式会社タスク
〒658-0032
兵庫県神戸市東灘区向洋町中6-9
神戸ファッションマート8F 8C-05

営業時間/(平日)9:00~18:00
ご来店の際は、ご予約をお願いいたします。
神戸オフィスTEL:078-822-2112

>タスクのホームページはコチラ

>タスクのFacebookページはコチラ

>運転補助装置付レンタカー【法人用】

>運転補助装置付レンタカー【個人用】

「福祉車両改造の専門店」株式会社タスク代表取締役田村昌士

代表取締役 田村昌士

・STR協会認定コンサルタント
・STR協会認定レクチャラー
・日本福祉車輌協会インストラクター
・福祉車輌取扱士
・2級自動車整備士

   2019/04/24 ブログ

  • にほんブログ村 介護ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket