あなたの福祉車両に回転シートは本当に必要?

あなたの福祉車両に回転シートは本当に必要?あなたの福祉車両に回転シートは本当に必要?

クルマのシートへの乗り降りをサポートする回転シートのおかげで、
高齢者やお身体の不自由な方のカーライフが、ずいぶん快適になりました。

トヨタや日産などの国内の自動車メーカーのカタログには、
回転シートが付いた福祉車両が多くの車種でラインナップされています。

そのため、福祉車両と言えば「回転シート」と言われるほど、
多くの方に(クルマに詳しくない方にも)認知されるようになりました。

”福祉車両の改造専門店”タスクにいただくお問い合わせでは、
実に4人に1人が、この「回転シート」に関するご相談なんです。

  • 「トヨタプリウスの助手席に回転シートを後付け出来ますか?」
  • 「高齢の両親をクルマに乗せる為に回転シートが必要なんです」
  • 「病気で身体が不自由になりました。退院までに改造して欲しい」

もちろん”福祉車両改造の専門店”なので、製品ラインナップには、
ノーマルのクルマに後付けできる「回転シート」や「リフトアップシート」があります。

セダン・コンパクトカーなど、車高の低いクルマに最適な後付け回転シートシステム、
ブラウンアビリティ製の手動式「ターンアウト」と電動式「ターンアウトE」

ブラウンアビリティ製の回転シート。手動式のターンアウトと、電動式のターンアウトE

UV、ミニバンなど、車高の高いクルマに最適な後付けリフトアップシート、
同じくブラウンアビリティ製の「ターニーエヴォ」

ブラウンアビリティ製の回転シート。手動式のターンアウトと、電動式のターンアウトE

 

では、ユーザーのご希望通りに、大急ぎで回転シート付の福祉車両へ改造…。
いえいえ、これではまるで素人のお仕事…全然ダメですね!

実は、回転シートを希望され来店されるユーザーのお話をよくお聞きすると、
回転シートなど全く必要ない方がいらっしゃいます。というか、逆効果になることも…。

 

クルマへの段差を少なくすれば、乗り降りできる方なら、
様々な車両へ後付けできる「補助ステップ」

シートの移乗を少しサポートするだけで、乗り降りできる方なら、
イタリアまたは日本製の「移乗プレート」

また、乗り降りの際に身体を支えるだけで大丈夫な方なら、
クルマの適切な場所に、握れる「アシストグリップ」を付けます。

ただ単に、クルマへの乗り降りをサポートする改造と言っても、
介護する方、される方、またはクルマの環境によって様々なんです。

 

もし、あなたがクルマへの乗り降りでお悩みなら、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

>回転シートの詳しくはコチラ

>無料相談・お問い合わせはコチラ

 

【対応エリア】兵庫県・大阪府・京都府

私たちからのお願いです。
あなた様の応援は、
仕事に情熱とやりがいを与えてくれます。
是非、「いいね!」をお願い致します。

 

>タスクのホームページはコチラ

>タスクのFacebookページはコチラ

>運転補助装置付レンタカー【法人用】

>運転補助装置付レンタカー【個人用】

もっと自由にクルマを選ぼう!
私たちは「乗る人・乗りたい人、乗せる人」に合わせ、
ジャストフィットな”マイ福祉車両”をつくります。

福祉車両の改造専門店
株式会社タスク
〒658-0032
兵庫県神戸市東灘区向洋町中6-9
神戸ファッションマート8F 8C-05

営業時間/(平日)9:00~18:00
ご来店の際は、ご予約をお願いいたします。
神戸オフィスTEL:078-822-2112

「福祉車両改造の専門店」株式会社タスク代表取締役田村昌士

代表取締役 田村昌士

・STR協会認定コンサルタント
・STR協会認定レクチャラー
・日本福祉車輌協会インストラクター
・福祉車輌取扱士
・2級自動車整備士

  ブログ

  • にほんブログ村 介護ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket