高齢化時代のカーライフに対応した補助ステップ

高齢化時代に対応した補助ステップ高齢化時代のカーライフに対応した補助ステップ

トヨタのセールス担当の方から、こんな相談をいただきました。
「クルマの助手席のドア下に補助ステップを取付ける事はできますか?」

福祉車両に詳しい方から、「後部座席の間違いでは」とツッコまれそうですが、
決して、言い間違いでも、書き間違いでもございません。
でも、補助ステップは後部座席のスライドドア下に取付けるのが一般的では…

 

人が乗り降りするクルマのドアは、大きく2種類にわけることができます。
ひとつは、一番スタンダードな羽のように開くドアで「スイングドア」。
ヒンジにより支えられているので「ヒンジ式ドア」とも呼ばれます。
もうひとつは、引き戸のように開閉する「スライドドア」。
よく、ミニバンや背の高い軽自動車のリアドアに使用されています。

スライドドアの最大のメリットとは、やはり「全開にできること」でしょう。
それにより、小さなお子様や高齢者・身体障害者の方が安心して乗り降りできます。
なので、補助ステップは後部座席のスライドドア下が常識とされているのです。

 

でも、高齢者やお身体の不自由な方から、助手席に乗りたいというご相談をいただきます。
皆さんクルマでのドライブが大好きで、後部座席より助手席から見る景色が最高とおっしゃいます。
助手席回転シートとい選択肢もありますが、そこまでも必要ない場合は…

そうです、こんな時に助手席ドア下に補助ステップ取付けがおススメなんです。
「そんなことが出来るの?」て聞こえてきましたが、大丈夫できます。

補助ステップ

 

 

 

 

 

 

当社の人気な汎用電動ステップASEIシリーズなら、
輸入車・国産車を問わず様々な車種の運転席/助手席/スライドドア下に取付できます。
取付けを行ったドアの開閉に連動してステップが自動で展開・格納します。

>補助ステップの詳細はコチラ

>無料相談・お問い合わせコチラ

 

私たちからのお願いです。
あなた様の応援は、
仕事に情熱とやりがいを与えてくれます。
是非、「いいね!」をお願い致します。

 

>タスクのホームページはコチラ

>タスクのFacebookページはコチラ

>運転補助装置付レンタカー【法人用】

>運転補助装置付レンタカー【個人用】

あなたとクルマの環境に合わせ、
ジャストフィットな福祉車両に改造します。

福祉車両改造の専門店
株式会社タスク
〒658-0032
兵庫県神戸市東灘区向洋町中6-9
神戸ファッションマート8F 8C-05

営業時間/(平日)9:00~18:00
ご来店の際は、ご予約をお願いいたします。
神戸オフィスTEL:078-822-2112

「福祉車両改造の専門店」株式会社タスク代表取締役田村昌士

代表取締役 田村昌士

・STR協会認定コンサルタント
・STR協会認定レクチャラー
・日本福祉車輌協会インストラクター
・福祉車輌取扱士
・2級自動車整備士

   2019/03/03 ブログ

  • にほんブログ村 介護ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket