新聞掲載-車いす利用者 運転楽々

新聞掲載-車いす利用者 運転楽々

株式会社タスクの福祉車両改造が読売新聞に掲載されました。
私共の事業を多くの方々に知っていただく機会をいただき感謝!

身体障害者が、自ら操作できる運転補助装置を自動車に付ける改造を、神戸市東灘区の会社「タスク」が手がけている。
同社の事業は2016年度の「あまがさきビジネスプランコンテスト」で準グランプリに入賞した。
近年は「脳梗塞の後遺症や足腰が弱って車椅子生活を送る家族をドライブに連れ出したい」と、
車椅子の出し入れを容易にする改造を望む人も相次いでいるという。

タスクは、自動車保険などを扱う会社として05年に設立された。
田村昌士社長(51)は元々香美町で自動車整備・販売会社を営み、高齢者施設の福祉車両の修理も手がけていた。
高齢者や身体障害者と触れ合ううち、多くの障害者が「自分で運転したい」と願っていることを知り、
障害者用の車両改造に取り組み始めた。

16年に海外メーカーの障害者用自動部品を取り扱う輸入会社とパートナー契約を結び、
スウェーデンなど海外からの部品を仕入れている。

ハンドルの下でアクセル操作が可能な部品や、引けばアクセル、押せばブレーキが操作ができるレバーなどを装着。
両足が不自由な人も手を使った操作で運転できるようになる。
リフトを取り付ければ、運転中は車内に車椅子を収納できる。

最近増えているのは、こうした車椅子用のリフト、スロープの設置依頼や、
ドアを開けると踏み台が出る電動補助ステップの取り付け。
高齢になった家族が車椅子生活になり、買い物や旅行に連れ出す時に便利だからだという。

車椅子用リフト改造費用は35万前後からだ。
同社では障害者用の改造車のレンタカー事業も手がけており、
田村社長は「車椅子を車に載せるのが楽になったと喜んでもらっている。
日本ではマイカーに様々な機能付けれることを知らない人が多いのでもっと利用してほしい」と話している。

2019年2月19日火曜日 読売新聞掲載

読売新聞に掲載されました。「車いす利用者 運転楽々」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちからのお願いです。
あなた様の応援は、
仕事に情熱とやりがいを与えてくれます。
是非、「いいね!」をお願い致します。

 

>タスクのホームページはコチラ

>無料相談・お問い合わせはコチラ

>タスクのFacebookはコチラ

>運転補助装置付レンタカー【法人用】

>運転補助装置付レンタカー【個人用】

あなたとクルマの環境に合わせ、
ジャストフィットな福祉車両に改造します。

福祉車両改造の専門店
株式会社タスク
〒658-0032
兵庫県神戸市東灘区向洋町中6-9
神戸ファッションマート8F 8C-05

営業時間/(平日)9:00~18:00
ご来店の際は、ご予約をお願いいたします。
神戸オフィスTEL:078-822-2112

「福祉車両改造の専門店」株式会社タスク代表取締役田村昌士

代表取締役 田村昌士

・STR協会認定コンサルタント
・STR協会認定レクチャラー
・日本福祉車輌協会インストラクター
・福祉車輌取扱士
・2級自動車整備士

   2019/03/05 ブログ

  • にほんブログ村 介護ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket