福祉車両改造事例-トヨタエスティマ×車いす収納装置「カロリフト40」

車両情報

メーカー

トヨタ

車種

エスティマ(型式:ACR50W)

改造情報

メーカー

スウェーデン・オートアダプトAB

製品名

車いす収納装置「カロリフト40」

改造内容

トヨタエスティマのバックドアに、
スウェーデン・オートアダプト製の
車いす収納装置「カロリフト40」を取付しました。

 

車いす収納装置「カロリフト40」

最大40㎏吊上げ可能の車いす収納装置。
バックドアだけでなくスライドドアなど、
ユーザーとクルマの環境に合わせて設置位置を決定。
2つ折りアームによる車いすの細かい誘導が可能。

トヨタエスティマ×車いす収納装置「カロリフト40」スウェーデン・オートアダプト製

 

 

 

 

 

 

車いす収納装置「カロリフト40」の特徴

・最大吊上げ重量40㎏
・回転角0~360°
・手動回転 / 電動吊上げ
・吊上げはスイッチまたはリモコンで操作
・任意の位置へスイッチの移設が可能
・関節付きアームにより細かい動きが可能
・折りたたみ収納が可能
・一部のパーツ交換で他車への移設が可能

 

車いす収納装置「カロリフト40」の消費税

カロリフト40は車いす固定装置と同時購入で消費税非課税対象となります。

 

弊社からのコメント

この度は「福祉車両改造の専門店」タスクをご利用いただき
誠にありがとうございました。

兵庫県西宮市のユーザー様からのご依頼で、
エスティマのバックドアに車いす収納装置を後付けしました。

トヨタエスティマ×車いす収納装置「カロリフト40」スウェーデン・オートアダプト製

 

 

 

 

 

 

 

車いす収納装置の取付け場所は、
バックドアを開けた運転席側のCピラーです。

トヨタエスティマ×車いす収納装置「カロリフト40」スウェーデン・オートアダプト製

 

 

 

 

 

 

 

Cピラーに「車いす収納装置」を付ける場合、
イタリア・キヴィ社の「ピラーリフト」を選択!
これがスタンダードな改造です。

しかし、スウェーデン・オートアダプト社の
「カロリフト40」をカスタマイズして取付ました。

メリットは、
カロリフト40とピラーリフトを比較すると
アームが約15㎝長いのが特徴。

そのため「車いす」を吊上げると、
後部バンパーと車いすが約15㎝離れるので、
吊上げ作業が比較的容易に行えます。
※ユーザーや使用する環境で異なります。

デメリットは、
カロリフト40をカスタマイズするため、
クルマをお預かりする期間が長くなる事です。

「車いす」の車載で困った事がある方は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

お客様の声

   2018/02/12 改造実績とお客様の声

  • にほんブログ村 介護ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket