舞鶴の地で福祉車両に懸ける思いを再確認!!

ドライバーにとって最適な運転・乗り降りの環境をデザイン
兵庫、大阪、京都、奈良、鳥取、担当ディーラー
認定アダプテーションパートナー 株式会社タスク

福祉車両ライフ・アドバイザー 田村昌士
FROM:京都府舞鶴にて・・・

 

398942

 

 

 

 

 

 

 

今日は、京都府舞鶴に来ています。

写真は、舞鶴の観光スポット!!
赤レンガ倉庫なんです。

「平日にお前は、呑気に観光か」(怒)、
とお叱りの声が聞こえてきますが、

舞鶴での滞在時間は2時間だけ、
全て打合せに費やし、
観光は一切なしです(涙)

 

なぜ、舞鶴まで来たのか?
実は「ジェルトロン」って製品を、
作っている会社があります。

ジェルトロンとは、
グミキャンディーの柔らかい素材で、
通気性に優れたマットなんです。

この商品は、
障害者や高齢者の方々の、
褥瘡(床ずれ)の予防や治療に、
大変効果があり、
その活用は無限に考えられ、
今、世界中から注目されています。

 

規模こそ違えど、
障害者の快適な生活を、
ご支援することは同じと考え、
社長に面談を申し込んだのです。

 

面談の内容を全て書くと、
本になってしまうので、
止めておきますが、

経営の話、いかに儲けるのか!!
と、いう話ではなく・・・

どのように、お客様に向き合っていくのか、
と、いうものでした。

 

2時間の田中社長とのお話を通じ、
自分の想いを再確認しました。

 

私どもお客様は、
突然の事故や病気により、
なんらかの障害を持たれています。

そのお客様が
クルマが使える日常を取り戻す。

その環境を整えるお手伝いをする。

そして、お客さが幸せであり、
ご家族と笑顔でいらっしゃる。

 

私どもは、
ただ、それを見たいだけなんだと。

しかし、まだまだ力不足です。
毎日、やるべきことを
着実にやっていきます。

 

Tagged on:

   2016/07/19 ブログ

  • にほんブログ村 介護ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket