福祉車両のリフトアップタイプ、スロープタイプで悩んでいます

ドライバーにとって最適な運転・乗り降りの環境をデザイン
兵庫、大阪、京都、奈良、鳥取、担当ディーラー
認定アダプテーションパートナー 株式会社タスク

福祉車両ライフ・アドバイザー 田村昌士
FROM:姫路市内より・・・

 

「リフトアップタイプかスロープタイプ、
どちらの福祉車両を買うのか悩んでいます。」

こんな相談が入ってきました。

リフトアップタイプとは、
助手席やセカンドシート(後部シート)が、
回転や昇降します。

feature_01_img_01

 

 

 

 

 

こんなタイプのクルマです。

スロープタイプとは、
車いすに乗ったままスロープを使って、
乗車します。

feature_02_img_01

 

 

 

 

 

こんなタイプのクルマです。

確かに、カタログや実車を見ても、
これだけでは、解決できません。

それは、
どのような用途で・・・
誰のために・・・
誰が使うのか・・・
どんな事を望んで・・・
を明確にしなくてはいけません‼

し、自動車ディーラーさんであっても
全ての営業マンが福祉車両に
詳しくありません。

だから、装置や自動車の、
特徴を一生懸命説明します。

だから、お客様が悩んでしますのです。

 

あくまでも、一つの考え方ですが・・・

介護される方がクルマに乗るのは、
近くの病院や施設などの場合、
スロープタイプがおすすめです。

介護される方が、
一人で杖を使いながらでも、
歩けるのであれば、
リフトアップタイプがおすすめです。

実際には、
介護する方の、年齢や体格等々
行動範囲や使用頻度などを、
お伺いしながら、
アドバイスさせていただきます。

福祉車両の事でお困りの際は、
お気軽にお問合せください。

株式会社タスクのお問合せページは
http://task-plus.com/contact/

 

また、今乗っているクルマが好きで、
福祉車両に気にいたタイプが、
見つからない場合は・・・

後付けでリフトアップタイプに改造できます。
http://task-plus.com/seat/

また、後付けでスロープタイプに改造できます。
http://task-plus.com/ramp/

詳しくはお問合せください。

 

   2016/07/19 ブログ

  • にほんブログ村 介護ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket