メルセデス・ベンツの助手席を回転シートに改造

メルセデス・ベンツの助手席を回転シートに改造

メルセデス・ベンツの助手席を回転シートに改造

兵庫県芦屋からメルセデス・ベンツ改造のお問い合わせ

兵庫県芦屋にお住いのご夫人からのお問い合わせです。

「メルセデス・ベンツのC250を所有しています。
私が運転して、主人が助手席に乗るのですが、
主人が病気で、車への移乗が日に日に困難になります。
助手席を回転シートに改造したいのですが…」

お客様はメルセデス・ベンツのディーラーに相談され
弊社、株式会社タスクを紹介されたようです。

 

最近では安全性の高い輸入車を購入される方が増えています。
メルセデス・ベンツ、BMW、フォルクスワーゲン、ボルボ…

ちょっと意外ですが、輸入車には福祉車両はありません。

あ、誤解しないで下さい。高齢者や障害者に厳しいのではなく、
日本とは違った自動車文化があるのです。

この件は、また別のブログで書かせていただきます。

 

お勧めしたのはオートアダプト製の回転シート

オートアダプトとは、スウェーデンが誇る
アダプテーション業界のリーディングカンパニーです。

様々な車種に導入できる回転シートシステム、
運転補助装置などの研究・開発を行っています。

 

オートアダプト製の回転シートは、
運転席・助手席・セカンドシートポジションへ
用途と車種に応じたモデル選びができます。

今回のメルセデス・ベンツC250の助手席には、
セダン向け回転シート、ターンアウト/ターンアウトEを選択します。
※ターンアウトは手動で回転、ターンアウトEは電動回転

オートアダプト製の回転シート、ターンアウト/ターンアウトE

 

 

 

 

 

 

オートアダプト製回転シートの取付ではクルマに加工は致しません。
クルマの買い替える際にオリジナルシートに取り換えれば、
改造前のノーマルに戻るため下取り査定に響きません。

また、国内保安基準適合書類が添付されますので、
ノーマルのクルマと同じように車検が受けれます。

 

オートアダプト製の回転シートはメルセデス・ベンツ認定製品

様々な車種に取付け可能なオートアダプト製の回転シートとは言え、
取付出来ない車種があるのも事実です。

メルセデス・ベンツのクルマでは、
衝突安全装置「プレ・セーフ・ブレーキ」付き車両がその一例です。

しかし、よほどクルマに詳しくないと判断できませんね。
でも、ご安心ください!

オートアダプト製の回転シートはメルセデス・ベンツ認定です。
弊社にお問い合わせ頂ければ、メルセデス・ベンツ日本を通じ、
本国ドイツに無料で確認いたします。

>>確認はコチラからご依頼ください

 

メルセデス・ベンツ以外のクルマの場合は、
現車を確認をさせていただきます。

兵庫県・大阪府は無料ですのでお気軽にご依頼ください。
>>確認はコチラからご依頼ください

 

 

福祉車両改造に関するご質問・お問合せはコチラ

電話でのお問い合わせは:078-822-2112
※電話の受付時間は、平日の午前10時から午後5時です。

お気軽にお問合せください。

  • 株式会社タスクのホームページはコチラ
  • 無料体験(デモカー)のご依頼はコチラ
  • 製品に関するご質問・お問い合わせはコチラ
  • 福祉カーレンタルのオデカレンタカーはコチラ
  • 株式会社タスクのFacebookページはコチラ

大阪府・兵庫県担当ディーラー
オフィス清水認定カーアダプテーションパートナー

株式会社タスク
福祉車両改造コンサルタント
福祉車輛取扱士
代表取締役 田村昌士

株式会社タスク代表取締役田村昌士

〒658-0032
兵庫県神戸市東灘区向洋町中6-9
神戸ファッションマート8F 8C-05
TEL:078-822-2112

営業時間/10:00~17:00
定休日/土・日・祝日・年末年始
ご来店の際は、お電話にてご予約をお願いいたします。

   2017/05/05 ブログ

  • にほんブログ村 介護ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket