障害者もクルマを運転できるの?

 

FROM:福祉車両ライフ・アドバイザー 田村昌士
神戸オフィスより・・・

こんにちは、田村昌士です。

突然の、病気や事故で障害者になってしまった。
インターネットや紹介で当社をお知りになり、

最初にお問合せいただく内容は・・・

 

「障害者も自動車を運転できますか?」です。

答えは、「全てとは言えませんが、多くの障害者の方は運転しています。」

 

下肢が不自由、右(左)足が不自由などの場合は、
手動運転補助装置付に改造すれば運転でき可能性が大です。

gasringform5

 

 

 

 

 

 

写真で、右手で握っているのがブレーキレバーで、
下に押し下げるとブレーキが利きます。

純正ハンドルの後ろにリングが装着されていますが、
これがアクセルリングで引いても、押してもアクセルONです。

 

これで、両手のみでアクセル、ブレーキ操作ができ、
両足でのアクセル、ブレーキ操作は必要ありません。

 

こんな日本製、海外製の福祉車両の改造装置が無料で見れます。
2016年10月12(水)~14日(金)に東京ビックサイトで、
第43回、国際福祉機器展が開催されます。

exhibitions_img_visual_01@2x

 

 

 

 

 

 

 

写真の手動運転補助装置はイタリア・KIVI社の製品ですが、
国際福祉機器展ではオフィス清水のブースで展示しています。

私も13日スタッフとしてオフィス清水のブースにいます。
是非、ご来店ください!!

20141230_2

 

 

 

 

 

 

 

こんな顔しています(笑い)

 

東京なんて遠くて行けない・・・と言われる
兵庫、大阪、京都、奈良にお住いの方は、

無料で体験できるデモカーをご利用ください。
http://task-plus.com/try/

 

 

ドライバーにとって最適な運転・乗り降りの環境をデザイン
兵庫、大阪、京都、奈良、担当ディーラー
認定アダプテーションパートナー

株式会社タスク
〒658-0032
兵庫県神戸市東灘区向洋町中6-9
神戸ファッションマート8F 8C-05
TEL:050-3085-4746

   2016/09/22 ブログ

  • にほんブログ村 介護ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket